artsy2

想像の構築と制限 (Limitation and Creation of Imagination)

%e6%83%b3%e5%83%8f%e3%81%ae%e6%a7%8b%e7%af%89%e3%81%a8%e5%88%b6%e9%99%90

 2016/8/6( Sat)~ 9/4( Sun)
Opening Party 8/5(Fri) 18:00~20:00
セゾンアートギャラリー
東京都渋谷区神宮前3-6-7
1F Atelier / Gallery 11:00-18:00
B1F Cafe & Dining Bar 367° 11:00-26:00
B2F Gallery 11:00-18:00

Director’note

「想像の構築と制限」というなんとも覚えにくいタイトルを作ってしまった。

今回参加していただいたアーティスト達は、使う素材やコンセプトはそれぞれ違うが、日常的に出会う環境や物から着想を得て、影響され作品を制作しているという共通点はあるのだと感じた。考えに考えすぎて、結局わかりにくいタイトルになってしまった。

私は5年前、ニューヨークでフランシス真悟に出会い、それ以来彼の作品を見続けてきた。海のそばでサーフボードを片手に育った彼は大きな海のように心が広く、しかも温かい。作品にもその懐の深さと繊細さがにじみ出ている。彼の絵は見れば見るほど味が出てきて、そして好きになる。その点私にはMark Rothko やBarnett Newman の作品を彷彿とさせる。抽象画の巨匠・Sam Francis の息子として生まれ、一時は詩人という道を選択しようとしたものの、彼は抽象画を追求することを選んだ。今回の展示では、彼が今年から挑戦を始めた映像も展示する。またここから5年先、10年先の作品を見るのが楽しみでわくわくする。

NY にいたときから私は篠田太郎のミニマルでシンプルな作品に憧れていた。彼の哲学的考えや発想を聞いて益々作品も好きになり、スタジオにお邪魔した時は久々に天才と出くわしたと感じた。国内外でも高い評価を得ているにもかかわらず、自分の作品を全部無料で提供するといきなりフェイスブックにアップしてしまうところなど、「ダメ人間」と自分を位置付けるその違和感が益々魅力的に思えてならない。今回は彼のシグニチャーでもあるインスタレーションではなく、抽象的なペインティングを発表する。最初は嫌々であったが、ペインティングに挑戦してくれた。私は彼のそのセンスと類い稀な才能に憧れている。

緑がたくさんある群馬のスタジオに鬼頭健吾を訪れた時、” 描きたい衝動はあるものの描くものがない” と彼は言った。その一言はすごく印象的で、正直な人だなと思った。フラフープを使って曲線を描くカラフルなインスタレーションは、そのスケールの大きさと色の迫力でワッと人を驚かせる。私は最初にその作品を見た時、直感的に「好きだ」と感じた。既製品の概念から飛び出して作る異次元的空間は、彼の作品にとって重要な意味を持つ。今回の展示はペインティングと一言で表すには勿体無いようなアート作品と、それらが織りなす空間自体を地下二階のコンクリート打ち放しの壁で発表する。

Aaron Wexler のブルックリンのスタジオに行った時、彼は外で腰掛けてずっと私の到着を待っていてくれた。私が道に迷ったらいけないと思ったらしい。この人は絶対いい人だと会った瞬間に感じた。彼のシグニチャーでもあるコラージュ、そこでは抽象と具象を入り交ぜた輪郭を展開する。ペイント、プリント、そしてネガティブ、ポジティブスペースは一体なんなのか、それらの境界線をずっと彼は問いかけ続けている。スタジオビジットの時に彼がきちんと並べて用意してくれた作品達とカラフルなインスタレーションは” 見せ方” というものにこだわり続けていることの象徴であると私は思った。彼にとっては初来日、初の日本でのグループ展になる。帰国後、彼にどう日本文化が影響し、そしてどう作品が変化していくのか、「西洋」と「東洋」という二つの全く異なった文化を肌で感じた経験のある自分と何か重なるところがあり、それを見ていくのが楽しみでならない。

作品を視覚的に見るのはもちろん第一なのだが、キュレーションをする時はいつもその人の人柄に惹かれることが多い。その人の考え、態度、そして作品に共感し、その面白みを色々な人に伝えたいからである。彼らの作品がどんどん進化していくように私のキュレーションも時を経て変化していくのであろう。たどり着く場所がまだまだ計り知れないという意味で、この仕事は面白いと思う。

Director’ note

by Eri Takane

Five years ago, I met Shingo Francis during my days in NY, and been watching his works ever since. Growing up by the sea with a surfboard on his one-hand, his heart is wide and warm like a big ocean; The works resembles those kind of feature and delicacy aswell. The more I look at the artist’s painting and meet the artist, the more I come to like it from the taste coming out. In that sense, it reminds me of the works by Mark Rothko and Barnett Newman. Born as the son of Sam Francis, the master of abstract painting,although being a poet crossed the mind at one point, he chose to pursuit the path of abstract painting. For this exhibition, he will be displaying video art which he took up the challenge starting this year. I am thrilled and look forward tosee his works 5 years, 10 years from now.

I’ve always been fascinated by the minimal and simple works by Taro Shinoda since my days in NY. His philosophical thoughts and ideas made me like the works even more, making me feel that I finally ran into a genius. Regardless of his high reputation worldwide, lending all his works for free then posting that on Facebook, positioning the self as a “Failure” enhanced his charm even more. Instead of his signature works (installation), abstract paintings will be presented this time. At first, a bit hesitant, but agreed to give painting a shot in the end. I admire that sense and rare talent.

Kengo Kito said, “There is nothing to draw although I have the drive to draw” when I visited his studio in Gunma, surrounded by nature. That quote left a big impression, and thought of him as a genuine person. The colorful installation of curves made by a hula-hoop gives the viewer a wow with the large scale and the impressive colors. At first glance, I instinctively felt “Love.” This another-dimensional space created by moving outside the concept of ready-made objects holds an important meaning to him. For this exhibition, art works that are too good to be called as paintings and the B2 space itself coming together with the undressed wall, will be displayed.

Aaron Wexler sat and waited for my arrival on the rock outside when I visited his studio in Brooklyn. He thought that I should not get lost. That moment, I was certain that he is a nice guy. There, a collage, which is his signature, will be unfolded mixing the abstract and the representational characteristics. He continues to question the borderline of what is painting, prints, and negative/positive spaces. The neatly lined artworks and the colorful installation during my studio visit made me think that this is a sign of the continuous great care about “Display” For him, this will be his first visit and first group exhibition in Japan. After returning home, I look forward seeing how the Japanese culture influenced and the change the works step by step. Directly experiencing the culture of both the West and East, I find similarities overlapping with myself.

Of course, looking at the works visually is my priority, yet I always tend to be charmed by the personality of that person. This is because I want to pass on the thoughts, manners, and the appeal of the works I sympathize to various people. Like how their works keeps evolving, my curation will keep changing over time. In the sense that the finishing point is inestimable, I find this job interesting.